自分の気持ちに反して、思うように勃起しないときがあるならば、それはもうEDのサインです。少しでも疑いがあるようなら気に留めて早目の対処を心がけましょう。

色々な薬

EDと日毎の体調の影響

心配している男性

しっかりと医師の診察を受けた人であれば、それほど日毎の体調の影響を感じるようなことは少ないはずです。
服用して数時間後に性的刺激を感じれば勃起をするED治療薬の効果を実感できるでしょう。
まれに健康な方であっても、ほてりや動悸を感じることがありますが、服用していれば改善することが多いです。
ただし自己判断をしないようにしましょう。そのような症状が出た場合は、性行為を中止し、医師に相談して服用の継続ができるのかを確認することが大切です。
体調の変化を著しく感じるようであれば、それはすぐに医師に相談しなければならない事態です。
医薬品は服用のルールを守って正しく使わなければ、健康被害を感じるまでの副作用を受けることがあります。
特にED治療薬はリスクが高い医薬品であることを理解しておかないといけません。
心疾患や脳卒中、また腎臓や肝臓に持病を抱えている方は特に注意をしなければならないのが医薬品です。
心筋梗塞や狭心症といった虚血性心疾患の治療薬と服用していた場合、併用すると効果が強く出て、重篤な健康被害を受ける可能性があります。
いろんな医薬品と一緒に服用することができるED治療薬ですが、相性が悪い医薬品も多いですので、必ず持病がありそれに伴う医薬品を服用している場合、医師に申告してください。
もしかしたら処方してもらえないのではないかと不安になり、その申告を怠る人も多いです。
そのようなことが起きて、ED治療薬を服用し健康被害を受けた男性もいます。
セックスは男性の活力になり、それを改善しようという気持ちは理解できますが、ただ命を奪うような行為になりますのでそのようなことだけは絶対に避けるようにしましょう。

関連記事